『シュタインズゲート』第9話考察:アキバから萌え文化が消えた?!

『シュタインズゲート』第9話考察:アキバから萌え文化が消えた?!

シュタゲ好きによるシュタゲを楽しんでもらうための考察。

今回は第9話。伏線を要チェックだ。

#09「幻相のホメオスタシス」

電話で言い合い!牧瀬紅莉栖の涙

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

岡部はラボ屋上へ洗濯物を干しに上がると、そこで牧瀬紅莉栖が電話で誰かと言い争っていた。

「どうして、どうしてそういう風にとるの、私はただ…」

「違う!そんなつもりじゃ!私は…」

岡部に気付くと、屋上を後にする牧瀬紅莉栖。

その後、岡部の前に戻り泣いてないと言い張る牧瀬紅莉栖だが、その目は赤く腫れていた。

果たして電話の相手は誰だったのだろうか?

消えたIBN5100

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

岡部はダルに、引き続きIBN5100を使ってSERNのプログラム解析を依頼する。

すると、IBN5100がラボにないことが発覚する。

岡部は牧瀬紅莉栖に聞いてみるが、IBN5100を見つけていないどころか、どこにあるかもわかっていないと言う。

柳林神社のルカ子へ確認してみると、IBN5100は確かにあったが今はなく、誰がいつ持ち出したのかもわからないとのことだった。

一体どこへ消えてしまったのだろうか。

IBN5100を探す萌郁

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

岡部は街中にて「IBN5100」と呟く萌郁を見かける。

追いかけて問いただすと、萌郁もIBN5100を探している途中だという。

その表情はとても切羽詰まった状態のように見えた。果たして彼女は何故IBN5100をそんなにも欲しているのか?

また、萌郁のことをまゆしぃが知っていたことから、岡部は変化に気付く。

萌郁がDメールを送った後、萌香の存在はみんなの記憶から消えた。

しかしルカ子がDメールを送った後には、再び萌香を知っている状態に変化していた。

ここで岡部はメールによる過去改変が起こる度に、事実が少しずつ変化しているのではないかと推測する。

フェイリスのお願い:10年前へDメールを

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

フェイリスはIBN5100の情報を教える代わりに、Dメールを使わせてほしいという。
10年前にDメールを送りたいというが、その内容については秘密だという。

そして準備が整い、Dメールを送信するフェイリス。すると岡部に世界線移動の感覚が押し寄せる。

気がつくと目の前にフェイリスの父親が立っていた。IBN5100のことについて聞くと、前に手放したが神社には奉納していないという。

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

さらに外に出ると、秋葉原からアニメや漫画といった萌え文化が消え、周りは家電販売店のみとなっていたのであった。

困惑する岡部。一体何が起きたのだろうか?
フェイリスが送ったDメールの内容とは何だったのだろうか?

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#09「幻相のホメオスタシス」

   

いかがだったであろうか。
第9話で抑えておきたいポイントは以上である。

最も大きかったのが、Dメールによって街が変わってしまった点。
果たしてフェイリスは何を送ったのだろうか。

アニメカテゴリの最新記事