『シュタインズゲート』第4話考察:SERNの企みを暴く手がかりはIBN5100

『シュタインズゲート』第4話考察:SERNの企みを暴く手がかりはIBN5100

個人的に大好きなアニメ『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』。
この作品では、ストーリーを視聴していく中で、その時点では謎となっている伏線が数多くある。
それらは後になって繋がり明かされるが、見逃しているとストーリーを充分に楽しめない。

そこでストーリーのキーとなる重要なファクターをまとめていきたい。
なのでこれらのポイントを頭に入れながら、作品を存分に楽しんでもらいたい。

#04「空理彷徨のランデヴー」

SERNの企みを暴く為にはIBN5100が必要

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#04「空理彷徨のランデヴー」

「Human is dead」と書かれた実験結果の詳細を暴こうと、プログラムのコードで生成されたデータベースを発見する。

しかしそれはダルにも解読不能でお手上げ状態となった。

そこで岡部は、ジョン・タイターが発言していた次の言葉を思い出す。

「SERNの企みを防ぐには、IBN5100の機能が必要なのです。」

もしやと思い、コードの画像をメールで送ると次の言葉が返ってきた。

「確かにそれはIBNが独自に開発したプログラム言語であり、解読するにはIBN5100が必要なものです。」

かくして、CERNの企みを暴く為に岡部はIBN5100を探すことを決意する。

IBN5100の行方

引用元:『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』#04「空理彷徨のランデヴー」

まゆしぃから電話があり、フェイリスがIBN5100の情報を知っていることを聞き、岡部はフェイリスに問いただす。

「小さい頃パパが持っていたのは確かにゃんだけど、今はもうないにゃ。」

「最後に見たのはたしか、秋葉原の神社だったにゃ。」

神社と聞いて、岡部はルカ子のいる柳林神社を訪れる。

すると、かつて神社にIBN5100を奉納した人物がおり、今神社にあることがわかる。

ルカ子の父はIBN5100を奉納した人物が言っていたことを語る。

「いつかこのパソコンを必要とする若者が現れるから、大事にとっておくようにと。10年くらい前だったでしょうか。」

奉納した人物はこのことを予期していたのだろうか?一体誰だったのだろうか?

   

いかがだったであろうか。
第4話で抑えておきたいポイントは以上である。

SERNの企みを暴く為に必要なIBN5100。
そしてついにIBN5100を見つけた岡部。
次回、SERNの野望を知ることは出来るのか?

アニメカテゴリの最新記事